PVアクセスランキング にほんブログ村

ペチュニア切り戻し #2

この記事は約3分で読めます。
DATA:2019.6.8(Day12)

■植物
⚫︎ペチュニア ミスマーベラス
⚫︎ペチュニア・アモーレフィエスタ
ペチュニア・ナイトスカイ
⚫︎ペチュニアネオンローズ(ペチュニアXハイブリ)

ペチュニアの植込みから約2週間が経過しましたので、切り戻しを行いました。

Ichika
Ichika

切り戻しってなに?

Kevin
Kevin

植物では茎や枝の上端の芽(頂芽)が、下に位置する葉脇の芽(脇芽)に優先して成長しようとします。
これは、頂芽の先端の成長点で生産されて基部方向に移動するオーキシンという物質が脇芽の成長を抑えるためです。このことを頂芽優勢といいます。
そこで、茎や枝の先端を摘芯(ピンチ)すると、成長点も除去されてオーキシンの供給が止まり、下部の脇芽が成長を開始します。
この性質を利用して、分枝を促進させて生長後の姿を整えたり、花数を増やしたりします。
また、余計な茎の生長を抑えて新しい強い芽を出すために、大胆な切り戻しを行うこともあります。

花が少なくなってきたり、形が乱れ始めたら、切り戻すタイミングです。

思い切って全部の枝を、鉢の周りに沿う形で大胆に切ります。鉢の外周りに沿って行うのが目安です。この時、必ず株元に葉があることを確認してください。葉がない状況で切り戻すと、分枝する脇芽がないため、枯れてしまいますので注意が必要です。

切り戻さなくても花は咲き続けますが、花数が寂しくなり、花を楽しめる期間も短くなります。切り戻した花は切花としても楽しめますので、もったいないと思わずに大胆にピンチしましょう。

「suntory flowersより抜粋」

DATA:2019.6.12(Day16)

■植物
⚫︎ペチュニア ミスマーベラス
⚫︎ペチュニア・アモーレフィエスタ
ペチュニア・ナイトスカイ
⚫︎ペチュニアネオンローズ(ペチュニアXハイブリ)

■肥料
⚫︎ハイポネックス原液
⚫︎プロミック いろいろな植物用

■虫よけ
⚫︎HJブルースカイ粒剤

てことでバッサリやっちゃいましたw

とりあえず下の葉を成長させ、モッサリさせればその分花も咲くって事なのかな?

勿体ないやら後悔やらでいっぱいですが、追肥に頼る事にしますwww

■肥料
⚫︎ハイポネックス原液
⚫︎プロミック いろいろな植物用

■虫よけ
⚫︎HJブルースカイ粒剤

各株の根元付近にプロミックを均等に追肥します。

少し遅れましたが、念のため害虫予防にHJブルースカイ粒剤を各株元に散布しました。あと、水やりする際にハイポネックス原液 4ml/(1L)をジョウロで散布しました。

これで花を切られたペチュニア達も恨んでないと思うしかないですね、、、

Ichika
Ichika

水やりのタイミングって培養土が乾ききったらとありますが、ほんとに乾ききらないと駄目なんですかね?駄目なら雨が続いたらアウトですよね?

いまいちわからない、、、

Kevin
Kevin

花の細胞の中に必要とする水を絶やす事が無いよう水やりは不可欠と書いてるので、培養土が乾いてから水やりをする!ではなく、培養土が乾いてしまう前に必ず水やりを行う!が正しいんじゃないかな。

ただ、根がずっと水に浸かってる状態だと根腐れ等トラブルが発生しますので、両極端にならないようなバランスが大事なんでしょうね。

春場は植物が成長しやすいので、朝方に水やりを行い、夏場は特に昼間を避け、早朝と夕方に水やりをする。秋は培養土の水分を確認しながら昼までに。冬場も培養土の水分を確認しながらお昼までに水やりを行うのが良いらしいです。

たかが水やりと思ってましたが、奥が深いですね。

まぁ、花を見て嫌な気持ちになる人より、癒しを感じる人のがきっと多いでしょうから、美しく育ってくれたら嬉しいです。

花咲爺さん宜しくお願いしますଘ(੭´ ꒫`)੭̸*

今回はここまでです。

Kevin
Kevin

Thanks!

コメント

タイトルとURLをコピーしました