ラナンキュラス

この記事は約2分で読めます。

⚫︎学名:Ranunculus asiaticus

⚫︎英名:Persian buttercup
⚫︎別名:花金鳳花
⚫︎科:キンポウゲ
⚫︎属:キンポウゲ

⚫︎花言葉:とても魅力的

⚫︎分布:ヨーロッパ

⚫︎分類:球根/多年草

⚫︎草丈/樹高:30〜50cm

⚫︎鑑賞期間:3〜5月

⚫︎耐寒性:⭐️⭐️⭐️

⚫︎耐暑性:⭐️

⚫︎耐陰性:⭐️


特徴

ラナンキュラスは幾重にも重なった、明るい花弁が魅力的な秋植え球根です。近年、切り花用品種を中心に改良が急激に進み、花色だけでなく花形も変化に富んだ品種、香りのよい品種が登場しています。
キンポウゲ(ラナンキュラス)属の植物は約500種ありますが、「ラナンキュラス」と呼ばれているのは、中近東からヨーロッパ南東部にかけての、地中海性気候の地域に分布するラナンキュラス・アシアティクスを中心に改良された園芸品種です。秋から春にかけて生育し、高温になる夏には休眠します。
「ラナンキュラス」はカエルを意味していますが、これはこの属の多くの種が湿った場所に生えるからです。しかし、ラナンキュラス・アシアティクスは多湿にならない水はけのよい場所を好みます。

タイトルとURLをコピーしました