ロタラ・グリーン

この記事は約2分で読めます。
⚫︎学名:Rotala rotundifolia “Green”

⚫︎英名:
⚫︎科:ミソハギ科
⚫︎属:キカシグサ属

⚫︎分布:日本、東南アジア

⚫︎葉丈:約1.5cm

⚫︎適応水質:酸性〜弱アルカリ性

⚫︎適応水温:20°〜26°

⚫︎底砂:ソイル

⚫︎光量:⭐️⭐️⭐️⭐️

⚫︎Co2添加:⭐️⭐️⭐️

⚫︎成長:⭐️⭐️⭐️⭐️

⚫︎育成難易度:⭐️⭐️


⚫︎特徴

グリーンロタラは水辺や湿地、水田などに生える多年草の水草で、沈水~湿生植物です。
比較的育成は容易で、生育は速いです。「ロタラ・ロトウンディフォリア(Rotala rotundifolia)」の変種として扱われています。
「ロタラ・ロトウンディフォリア」は葉に赤味を帯びていますが、グリーンロタラは緑色が強いので、「グリーンロタラ」と呼ばれます。

水上では茎は匍匐し、葉はほぼ円形~楕円形で、径5~8m、明るい緑色です。
水中では葉は線状楕円形になります。
葉は対生または3~4輪生し、卵形または楕円形で長さ5~10mm、円頭、無毛、全縁(ギザギザがない葉)、無柄です。花は茎項部付近の葉の腋に穂状花序を作り、ピンク色の小さな花が咲きます。

Kevin
Kevin

最初からこの水草を最奥部にレイアウトする事を決めてたけど、中々売ってなくて、違う水草で代用してました。やっと手に入ったのですが、最初に植えている水草が育ってますので、最奥にレイアウトして光が届くかどうか心配です。もしかしたら苦労するかもですね。

ロタラは赤みを帯びる種が多いので、ロタラ群を形成する時、グリーンロタラは重宝しますね。

タイトルとURLをコピーしました